経営理念

経営理念

ミッション

シオノギ製品のファーマコビジランス活動を適正に行う上で必要となる情報の収集・活用及び必要な製造販売後調査を実施することで、シオノギの安全性に係る業務遂行並びにその信頼性を確保することに貢献する。

そのために日々、規制への適応力及び必要な専門性を向上させる。

ごあいさつ

社長顔写真

代表取締役社長
雪澤 智之

シオノギファーマコビジランスセンター(SPV)は、シオノギ製薬が掲げる新中期経営計画に対応できる医薬品安全性監視体制を実現するため、そして継続的な成長も見据えて、安全管理業務、製造販売後調査業務及び薬剤疫学業務を担うスペシャリストを中心に設立されました。

私達SPVのミッションは、シオノギの安全性に係る業務遂行並びにその信頼性の確保です。そのために、シオノギ製薬と良好なパートナーシップ・両輪の関係を構築し、安定かつ効率良く駆動して、予測・予防型リスクマネジメントを見据えた安全性情報の収集及び製造販売後調査を実施していきます。また、薬剤疫学研究にも積極的に取り組み、市販後の医薬品安全性監視手法の確立・実施を目指します。さらに、ファーマコビジランス活動を通じて得られた安全性情報、調査結果及び薬剤疫学研究アウトカムのうち、医療現場において利活用いただける医療ニーズに合致した情報を、早期に医療関係者へフィードバックして、シオノギ製品の適正使用の推進・価値最大化に貢献してまいります。